今から始める金の投資は遅いか

金の投資をやったことはありますか?
以前からやってた方は現在の収益がビックリするぐらい上がったのではないでしょうか。

現在も新型コロナウィルス感染拡大の影響で金の値段は最高値を更新しています。

「金の投資始めてみたいけど今から始めるのは遅いかな…」って思う方いませんか?

こんな疑問に答えたいと思います。

今から始める金投資は遅いか

金の価格の現状

金の価格は5月19日時点で1gで6,634円です。この金額は高いから買わないと考えるか、まだ値段は上がるから安い買いだと考えるかということになりますね。

おそらく、買わないと考える方は「わざわざ値段が高いときに買うものではない」や「コロナウィルスが終息したら値段は暴落して損する」と思っていますよね。

確かに、投資は安いときに買って高いときに売ることはセオリーですね。コロナウィルスが終息すれば金の需要は減って価格は下がると思います。どちらも正しいです。

しかし、今は買わないで安くなったら買うとすると安くなるのはいつですか?いつか安くなるかがわからないと放置してじっと待っているだけです。何も始まりません。

コロナウィルスはいつ終息しますか?これもわからないですよね。いつ金の価格が下がるかわからないですよね。反対に、このまま終息しなければずっと価格は上昇する可能性だってあります。

金の投資は遅くない

結論としては、金の投資は遅くないですね。

金は有事の金と言われますね。これは投資の知識が少しでもあれば誰もが知っていますよね。
意味としては、有事があると通貨よりも金が比較的値段が安定しているため良く買われるということですよね。

繰り返しとなりますが、コロナウィルスの終息や金の価格が安くなることは誰にもわかりません。
ただ、待っているだけでは何も変わりません。

資産運用は思ったときに始めないと結局はやらないと思います。始めたいなと思ったら始めるべきです。

金の投資方法

金の購入方法は一般的に2つあります。

  • 地金、金貨
  • 積立

地金とはインゴットのことです。これを何グラムと指定して購入する方法です。
積立は、毎月一定額の積立をしてドルコスト平均法で金を購入していきます。
仮に、毎月1万円を積立して金を購入すると現在の金額だと約1.5グラム購入できます。毎月一定額を積立る預金のような感覚なので高いときに買って値段が下がったから即損失とはなりません。

ドルコスト平均法については「初心者が知っておくべき資産運用の基礎知識」こちらの記事をどうぞ。

金は長期投資

基本的に金は長期投資を考えるものです。
毎月一定額を積立て購入するドルコスト平均法は少なくても5年・10年と積立をして安定資産を増やすことが目的の投資商品です。

金投資自体が収益性もそこまで高くないですし、短期間で収益性の高い投資をしたい場合は金投資では難しいです。他を検討するべきです。

DMM.com証券

金の投資だけでは意味がない

ポートフォリオを意識する

金投資を投資のきっかけにすることは良いと思います。しかし、金投資だけを続けてもあまり意味がないと思います。

金の収益性は高くありません。しかし安全性は比較的高いです。こういった安全性の高い資産を組み合わせて収益性が高い投資商品にもチャレンジすることが資産運用には必要です。

ポートフォリオを意識して分散投資をしましょう。

相性の良い投資先を見つける

ポートフォリオを意識する中で金の投資は一般的に全体の10%にすることが理想的であると言われています。

分散投資を理想的に行いリスク分散を図ることはとても重要なことだと思います。
ですが、それに捕らわれすぎるのもどうかと思います。

比率を意識するあまり自分の知識が及ばない分野に手を出すことになったりしたら本末転倒です。
比率は理想ですし投資するのであれば少しでも知識があるものやなくても勉強を少ししてから手を出しましょう。

その中で相性の良い商品を見つけることが必要です。
相性は商品同士の相性もありますが自分と投資商品の相性もあります。

例えば、投資商品同士の相性であれば銀行預金や金は安全性が高い資産です。ですから、収益性が高く安全性に若干劣る株なんかは相性がいいですよね。安全性を確保しながら収益も狙いに行くなんて組み合わせは理想的ですね。

ただし、必ずしも誰もがこれに当てはまるわけではありません。いくら理想的でも自分のスタイル合わなければ窮屈に感じますよね。

自分は積立をしながら少しずつ増やしていくのが好き。であったり、できる限り資産の減少リスクを抑えたいと思っている方だって中にはいますよね。

こういった人には収益を狙いに行くのは合ってないですよね。なので、投資信託、生命保険、極端に収益性に欠けますが預貯金なんかも良いかもしれませんね。

相性は人によって様々です。収益性を高めるのもありですし、安全性を高めるのもありです。その中で自分のスタイルに合った商品を選ぶことが重要です。

私が思う理想の組み合わせ

私が思う理想的な組み合わせを考えてみました。

理想はこんな感じです。理想となると全然面白くないですね。
ただ、ある程度の収益性を保ちながら安全性も比較的あるという形ですね。流動性も高くなっていると思います。

といっても、これは理想です。実際はFXに手を出してみたり、仮想通貨に手を出してみたりと理想通りにはいってません…。

投資を始めるのに遅いことはない

すぐ始めるべきです

金の投資に限ってではなく投資全般に言えることですが、始めたいと思ったのであれば、まず始めてみることです。

やろうと思ったときのタイミングを逃すと次に始めたいと思うまで時間がかかってしまいます。
繰り返しですが金の投資は決して始めるのに遅いことはありません。金の値段がやっぱり高いと感じているのであれば他に目を向けてください。
コロナショックを受けてしまった業界の株は買いやすくなっているはずです。

お金に働いてもらう準備が大事

今回はこれぐらいにします。

お金に働いてもらうためには金投資1つだけに固執していては上手くいきません。紹介してきたように金を含めて株式などの商品も組み合わせて自分の理想のポートフォリオを構築しましょう。
そして、自分自身も投資について学ぶことも大切です。

自分が知らなかった投資が、実は自分に1番合ってたなんてことだってあるかもしれません。
それを知るには勉強するしかないんです。

お金が働きやすいように導いていくことも重要です。

何度も繰り返しますが金の投資をこれから始めるのは遅くないです。
金の投資だけでなく、少しでも投資を始めるきっかけになっていただけたら幸いです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

YTA

サラリーマン時代から資格の勉強を始めてサラリーマンを辞めて行政書士・日本FP協会認定AFP・投資診断士をやっています!投資・人生設計・資格・子育て中の30代男性のライフスタイルの情報を発信しています。